ペット専用のフロアコーティングをするために滑る床のリスクを理解する

フローリングのリスクとは

作業員

室内で発生しやすい関節病

フローリングの滑る床がすべての原因でペットが関節病になってしまうということではないですが、フローリングの方が関節病を発症するリスクが高い事実を認識しておきましょう。フローリングで滑ってしまうと足腰にかかるダメージが強くて、滑ることが習慣化してしまうと非常に危険です。関節病のリスクから回避するために、フロアコーティングを施工しておいた方が良いでしょう。

絶えない引っ掻き傷

犬や猫の爪というのは、見て分かるように鋭いです。その鋭い爪で室内を走り回ってしまうとフローリングに引っ搔き傷がついてしまいます。小型犬の場合だと大きな傷は目立つことはありませんが、細かい傷が床の至るところについていることが多いです。一方で大型犬は、その体格から床に深い傷を残してしまいます。

おしっこの染みが付いてしまうと

ペットの尿がフローリングの板と板の隙間に染み込んでしまうと、アンモニア臭が染みついてしまいます。尿をした後に消臭スプレーをしてティッシュなどで拭けば、臭いは気にならないことがありますが、繰り返しの粗相や留守中などにおしっこをして、一定時間放置すると、染みついた臭いを除去することが困難になるでしょう。

そんなリスクを無くそう!

滑る床、引っ搔き傷、おしっこの染みや臭いの問題を同時に解決してくれることが出来るのが、フロアコーティングになります。ペットのために開発された、ペット専用のフロアコーティングがあるので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。